あなたの就活を手助けする総合情報サイト

就活で志望する企業へ!企業面接後の情報の活かし方

企業選びから面接まであなたの就活を全面サポート

就活で自分の志望の企業へ入るにはどうすればよいのかということですね。多くの人は自己分析をしてよい志望動機を書くことに努めます。 自己分析としては、多くの人が自分の考えを自分流でまとめるということをしています。大変主観的ですね。そこには自分で考えたやりたいことや長所や強みなどが考えられています。

大企業対中小企業

日本の社会の風潮として多くの人は大企業へ入ることを望みます。もちろん大企業のほうが安定していますし、その意味ではよいに決まっています。 しかし自己分析と同じことですが、大企業の中で組織を使って生きていたほうが自分の力の出せる人と、小さなところで己を出したほうが力の出る人がいます。

個の倫理と場の倫理

最近の若い人は自由だということをよく言う人がいますが、日本の社会は今でも基本的には場の倫理がまかり通っています。いわゆる空気を読むというようなことですね。 空気を乱す人は日本の社会ではなかなか受け入れられません。私たちは子供のころから空気を読んで生きるように訓練されているのです。

就活で志望する企業へ

就活の目的は自分が志望する企業へ内定が決まることです。そのために多くの人は自己分析をして自分がしたいことや自分の長所などをまとめています。もちろんこれらは精神分析をしてもらうのとは違いますから、非常に主観的なものです。

面接にせよ、志望動機にせよ自分を表明して相手に伝えなくてはいけません。ここで自分自身が何がしたいかもわかっていないとなると相手に伝えることもできません。企業の選択もそうですが、就活そのものももっと自分に合った方法でやるということも考えてみるべきですね。

現在の日本では多くのところで面接は実施されます。面接で志望動機をきちんと伝えられないと、なかなか就活が先へは進みません。内定が決まらないと自己分析が悪かったと「自己批判」する人もかなりいます。しかし就活も、お見合いと同じようなものですから、企業と自分の間に共通のフィーリングがなかったというだけで、自己分析の仕方が悪かったなどということはないこともあります。

第一うまく就職できても、働き盛りになると結構多くの人が悩み始めて、自分はこれでよかったのだろうかと考えます。

自分の志望する企業へ入るための作戦以前に、自分が本当に志望する企業はどこだろうかと考えてみることが大切ですね。企業を絞るのか、業界を絞るのかということも大切なことです。あるいはこんなことも考えてみるべきですね。大きな組織の中で己を殺して出世コースを歩むのか、中小企業で己を出してのびのびと生きるのかということですね。